生命保険の見直しなら保険相談

注目

何かあった時のバックアップとして、保険をかけるっていいますよね。

保険に加入するということは、何かあった時の為の安心を買うってことなんだと思います。
でも、保険て正直いろいろありすぎて悩みませんか?
テレビCMでも保険会社のCMって結構多いし、 同じ保険会社のCMなのに補償内容が違っていたりもするし・・・。

今自分が加入している保険が自分にぴったりなのかどうかもわかっていないし、 加入した当時から状況もリスクも確実に変更されているのに、内容は加入時のまま。
保険には加入しているけど、いざというときにカバーがちゃんとされるのかどうかイマイチ不明。

保険って結構条件がいろいろありますよね。
例えば、マンションを購入時に強制加入だった火災保険。 火災保険って火事に関する保険だと思っていたのですが、
どーも地震に関する火事には補償がされないみたいです。 保険会社にもよるかもしれませんが・・・。

そんな感じで、保険に加入しているからなんでも補償されるってわけでもなく、 自分が補償されたいものをきちんと理解して選ばないとだめなんですね。
保険はちゃんと見直さないとだめですねー。

生命保険の見直しなら保険相談ランキング | 無料でおすすめの窓口は?がおすすめですよ。

家の外壁塗装は信頼の出来る業者選びから

持ち家がある人にとって頭を悩ます事になる事のひとつに外壁塗装の問題があります。それはどういう事かというといざ家の外壁塗装をしてもらう必要がある時はかなり高額の費用が必要になってくるからです。

ですから、多くの人はなるべく外壁塗装にあまりお金が掛からない方法を取ろうと思うかと思います。でも多くの人は外壁を甘く見ています。

ですが、外壁を甘くみると後悔する事になってしまいます。
それはどういう事かというと、外壁の費用をケチってしまうと外壁の材質が悪くなってしまって雨風に弱くなってしまうので結果として外壁塗装を頻繁にしないといけない事態になってしまいます。

それではいくら外壁の費用を安く済ませてもそのツケで外壁塗装をたった数年経っただけでまたしないといけない事態になります。

いくら外壁を安くしても意味がないです。ですから、外壁にはそれなりのお金を掛けて外壁塗装の頻度を少なくする必要があります。

『値段が安い事だけに拘らない。』それが外壁塗装にとって大事な事です。

家の外壁塗装業者の選び方は、1回や2回の打ち合わせでは分からないと思います。何回か話をしてみて、「この人なら」という信頼出来る業者であることが大前提だと思います。そこから、職人さんと塗料のの持ちや塗り方などについて詳しく話すことが出来るようになります。信頼していると、話しの内容も頭の中に入ってきやすいです。

塗装は、大きければ大きい程、ゴミや雨、雪が引っかかります。そうなると、劣化の進みが早くなってしまいます。凹凸を無くすために何回も塗り重ねていって、フラットな感じにすると雨も流れやすく、ゴミも付きにくいといったことがありますので、目的にあった塗料選びが一番のポイントだと思います。

それから、下地では塗料も下塗り、中塗り、上塗りで何万通りも調整する方法があります。例えば、壁の動きや伸び縮みに対応してくれる塗料を下塗りから塗って、塗装効果を上げていくといった方法があります。

塗料は、シンプルなものから、シリコン製、セラミック、フッ素といった順で値段が上がっていきます。プラスして、塗り重ねる回数や、業者で提示している価格によって値段が変わってきます。複数の業者の値段を比較検討することも重要です。家の外壁塗装業者を選ぶなら家の外壁塗装が参考になると思います。

クレジットカードと海外プリペイドカード

海外に持って行くならクレジットカードと海外プリペイドカードどちらが良いと思いますか?
クレジットカードを使って海外のATMで現金を出そうとする行為は基本的にキャッシングです。

対する海外プリペイドカードを使って現金を出すのは銀行のキャッシュカードで自分のお金を引き出すのと同じ。
つまり予め入金してある自分のお金を引き出すということです。

海外でカードを使う時、クレジットカードとプリペイドカードでは一長一短ありますが海外プリペイドカード比較ランキングが参考になります。

クレジットカードの枚数

最近では主婦は作りづらいとか、いろいろ言われている一方で、どこでもクレジット機能のついたポイントカードを薦められます。
こういった類のクレジットカードは年会費が無料とか、クレジットカードの提携しているお店でカード払いにしたらポイントが倍になるとか、いろいろ特典があるんですよね。

でも、ポイントカードでさえもたくさんありすぎて、財布に入れていたらパンパンになるし、別のカードケースに入れていても、重くてあまり持ち歩くのも不便だし・・・。
それをクレジットカードばかり持っていても果たしていいのでしょうか?

複数枚持っていても、支払いを忘れてしまったり、万が一紛失してしまった場合などにも気づくのが遅くなりそうです。
銀行と一緒で、メインのクレジットカードは使いすぎを抑制するためにも1枚程度にしておくのがいいんでしょうね。

もし、利用したいときに期限が切れているとか、何かの理由で使用が出来なかった場合に、お店で支払いができなかったら困りますよね。
普段あまり現金を持ち歩かない人なら予備用にもう1枚あってもいいかもしれません。
でも、メインは1枚にしておいた方がいいと思いますよ。海外に行くときはプリペイドカードも選択肢に入れた方が良いでしょう。

クレジットカードの利点

今街中で使用できないところがないくらい、普及しているクレジットカード。
一昔前は、それこそ大きな買い物をする際など多額の現金を持ち歩くのが不可能な場合にクレジットカードを使用して買い物をしていました。

しかし、最近ではコンビニなどの小銭程度の買い物でもクレジットカードを使用するようになってきました。
それは、ポイント還元のためです。

クレジットカードを使用するとクレジットカード利用分の何パーセントかがポイントになります。
還元率はそのカード会社によって違いますが・・・。

そのポイントを貯めれば、いろいろな提携している会社への還元があるわけです。
電子マネーに変えたり、マイルに変えて飛行機に乗ったり、商品券に変えたり。

だいたいがポイント分を提携しているお店で利用できるってものが多いですかね。
ポイント還元率を考えて買い物をすれば、意外とお得に買い物が出来てる場合もあるんですよ。

現金割引がいいのか、ポイント還元がいいのか・・・。
きちんと計算してお買い物をしてください。

たまにポイント還元を大々的に宣伝しているけど、よく考えたら同じ商品を他の店で現金で購入したほうが安かった・・・ってこともあります。
見えないお金ですけど、大事な部分ですね。

クレジットカードの年会費

クレジットカードには年会費が無料なものもありますが、有料なのもあります。
当たり前ですが、持っていて特典の高いものは有料の場合が多いですね。

例えばある電気屋さんのクレジットカードだと、年会費が必要だけども、そのカードで買い物をするとメーカー保障以上の保障がついたりとか。
メーカー保障じゃ足りない保障を電機屋さんが持ってくれるとなると、有難いですよね。
意外に家電って壊れやすいですし、修理代もクレジットカードの年会費に比べてたら高額の場合が多いです。

飛行機会社のクレジットカードも年会費が必要な場合が多いですね。
その分、飛行機に乗った時のポイント還元が高くなったり、ポイントをマイルへ交換する際にもいろいろとお得なことがあるようです。
年会費もこういった特典が多ければ多いほど、高くなるようです。

クレジットカードの基本はお買いものの際の現金代わりですから、あまりに高い年会費はもったいない気もしますね。
グレードの高いカードをもつことがステータスな方々には、財布から見えるグレードの高いクレジットカードを持つことに意味があるのかもしれませんけど。

一般の方は、年会費を払ってでもそのカードを持ち続ける意味があるのかどうかをよく考えてから、入会してください。

クレジットカードの申し込み
.
クレジットカードを申し込みする際、どうやって申し込みますか?
大型スーパーなどではよく店頭で担当の方がたくさんビラやティッシュを配ってますよね。

楽天などのインターネットの会社の場合は、インターネットで申し込みですね。

どこの会社も今、資料請求から、申し込みまでインターネットでできるようになっています。
もちろん、引き落とし口座の印鑑などは郵送で送らないといけないので、インターネットで詳細を送った後、返送されてきた書類に署名捺印をして、送り返すといったちょっと手間な感じですね。

でも、この作業だけはどうしても簡素化できないでしょうね。

お風呂のリフォーム

我が家は築20年。あっちこっちにリフォームする必要が出てきた。特にお風呂。床がなぜかベロベロと剥げてきている。
100キンで買ったプラスチック椅子を使用していたせいかもしれない。

お風呂のリフォーム費用っていったいいくらするんだろう?と思い、検索してみるとユニットバスの浴室の天井、壁、バスタブをいちど全て外して床だけ交換するから
床だけ交換しても水漏れの保障もなくその上、システムバスをまるごと交換するよりも高くつくかもしれないとのことだった。

システムバスまるごと交換って・・恐ろしくお金がかかるのではないだろうか。
調べてみると相場で50~100万円かかるらしい。
50~100万円って・・なんでそんなにかかるの?

お風呂リフォーム費用が格安 | 一括見積りっていうサイトを見つけた。
一括見積りをすれば1社にだけ見積りをとるよりも各社競争の原理で安くなるかもしれない。

けれど、私はお風呂のリフォームにあまりお金をかけたくないのでさらに補修の方法を探してみると東リやアサヒゴムからプロ用の浴室床用シートが出ていてそれを貼るという方法があるそうだ。

その方法でお風呂の床をリフォームすると費用は6~10万円で済むそうだ。
って自分でやるんですか!無理でしょ!
その方法でリフォーム工事を引き受けてくれる会社を探そうと思った。
東リやアサヒゴムに電話すればリフォーム会社を紹介してくれるかもしれない。

自動車免許の取得期間

自動車免許を取得する。
これって最近では普通になりつつある??

普通自動車免許を持っているのが当たり前になりつつありますよね。

以前は、男性の所持率はもともと高かったですが、
女性はそこまで運転出来なくても・・・って感じ。

とは言え、最近は女性もバリバリ運転します。

男性、女性問わずになんでも対等になりつつあるのです。

車の免許の取得時期。
どうせとるならやっぱり早い時期がお勧めかもね。

時間の融通。
社会に出るとなかなかそうはいきません。

労働時間が束縛されるので、なかなか学科も進まない気がします。

普通にコツコツ教習所に通っていると、なかなか免許がもらえなさそうな気がしますね。

合間合間の時間をぬって教習所。夏休みや春休みは運転免許をとりに学生さんが押し寄せるから予約がなかなか取れないことも。
取得期間が長すぎる教習期限が切れてしまうことも。

極力最短で取得が理想。
無駄なく無理なくサクサクと。合宿免許なら自動車免許が格安です。
http://www.aidscamp.com/
それは自分しだいなんですけどね。
自分の運転能力にも繋がりそう。
頑張れ自分って事かもね。

最近では自動車免許は合宿免許で取得する人が増えているとか。合宿免許なら期間最短2週間で自動車免許の取得が可能ですからね。

交通事故傷害保険と車の任意保険との違い

皆さんは、交通事故傷害保険というのを聞いたことはありますか?
聞いたことはあるけれど、加入していないという人も多いのではないでしょうか。
ここでは、交通事故傷害保険についてお話します。

まず、交通事故傷害保険というのは交通事故で怪我や死亡した場合にだけ保障してくれる保険なのです。なので、バスや電車などの公共の交通機関で事故にあってしまったりした場合も対応してくれます。

また、普通傷害保険などと一緒で日本のなかだけではなくて他の国で事故にあった場合でも保障してくれるので安心です。

そして、交通事故というと車や電車、バスなどのイメージだと思いますが交通事故傷害保険は歩いていたり、自転車などに乗っていた時におきた事故でも保障してくれます。
なので、私は自動車も持っていない電車やバスでも通勤しない、という人でも交通事故傷害保険に加入していた方が安心なのです。

更に意外なところだと、駅の改札の中で怪我をしてしまった!と言う時もこの交通事故傷害保険で対応できるのです。

つまりこの保険は移動中に突然予期せずにおきてしまった事故なら、なんでも対応してくれるのです!頼もしい保険ですね!
自動車の任意保険は加害者になるかもしれない側が被害者の保障や自己防衛の為に保険に加入しますが、この交通事故傷害保険は被害者になるかもしれない側がもらい事故をした場合の自己防衛の為に保険に加入します。
車の任意保険との違いは自動車事故だけでなく自転車や電車、バスなどの事故も保障してくれる事です。自分が自動車免許を持っていなくても加入できるので余力があれば入っておくと安心ですね。
一番安い自動車任意保険 一括見積もり

保険営業は手土産がポイント?!

保険の営業。 結構大変って聞きませんか?契約を取るのが第一の条件?なんだかんだ言っても、結局はノルマになっていそうですね。

厳しい実力社会? まぁ、それはそれで満足している人もいてますが、 苦手な人によっては躊躇してしまうでしょう。

どうしたら旨く保険の営業が出切る??結構、保険のセールスって、 はなっから否定する人も多くなっています。むやみやたらに話をしない人が。

保険の事は普通の人はそこまで詳しくありません。 とは言え、それにまして深く知ろう・・・って人もいない気が。

なので、よっぽど保険に困っている人や、 保険について知りたがっている人以外は極力関わろうとはしないのでしょうね。

保険のセールス。 どうやってうまく関わっていく?? 顧客を掴んだのならばしっかりキープが大事。訪問する際には勿論手土産を忘れずに。 結構ポイントになるのかもしれませんね。自分の力を信じて、 ある意味いい勉強として励むのも挑戦でしょうね!保険相談で保險の見直しをしてはいかがでしょうか。
http://www.oregon-accommodations.com/

銀行の保険

銀行に預けて付く利息。 いうても知れていますよね。不景気なのはここまで響いています。以前はそこそこ付いた利息ですが、 今は1円単位でしか付かなくなっている事も。

チョットショックですよね。利息欲しさに定期貯金をしても大きな希望は持てそうにもありません。そうなると、銀行の保険の加入が結構注目されている?? 毎月の引き落としは普通にありますが、 それが積み立てされているという仕組み。

一定の期間は出すことは不可能ですが、 一定の時期を過ぎれば普通に貯金しているよりも、 大きく利息は入ってくるようです。なので、むやみに貯金するよりはいい選択なのかもしれませんよ。

ただ、デメリットもあって、 早急にお金が必要になった場合、下手したらお金を使う時に、 マイナスになる事も考えられます。

そこの所はしっかり把握しておきましょう。 無駄に貯金をするか、何年かは辛抱するという意味で保険に加入するか。自分の生活を見て、考えていきましょうね。
保険相談ってどうかな。保険のこと、保険のプロに保険相談してみるのも良いかもしれません。

保険見直しのタイミング

保険見直しはどのタイミングで見直せばよいのでしょうか?
保険は入りっぱなしはやっぱりよくないですよね・・・。

私は就職して務めた会社で団体保険があって、掛け金も月々そんなに高くなく、病気や入院の保障があって、一応オプションでガン保険をつけて・・・。
掛け捨てじゃなくて、微々たるもんだけど少し積立になるような生命保険に加入しました。
その頃は22歳で、怪我はまだしも病気はそんなにしないかなー?と。

ガン保険は一応って形にはしましたが、でも、死亡リスクもまだまだ先だと思っていたので、一番低いのにしました。
それから10年を超えました・・・。

結婚もして、子供も出来、さすがにガンのリスクも年齢とともに高まってきたし、万が一今自分が入院した時の補償も子供や旦那さんのことを考えればもう少し保険をランクアップした方がいいかもしれない。

保険 見直しの直タイミングって、難しいですね。
気づいたら、加入した時と状況が全然変わっていたんですけどね。
気づいたときが保険の見直しの時期かも知れません。

また最近では保険相談で商品券が貰える場合もあるそうですよ。
そんなお得なキャンペーンのタイミングで保険相談するのも良いですね。
保険相談で商品券が貰えるキャンペーン

保険で貯金

私は保険に加入することを考えた時にどうしても 「掛け捨てはもったいない!」 という考えが頭を離れません。 詳しい人に聞けば聞くほど 「積み立て型の保険は決して利率がいいものではないし、支払っている額に対して保障される額も多くない。

もし貯金したいというのであれば、その他にもっと利率が期待できる方法があるし、その方が賢い。 掛け捨てタイプの貯金は支払う金額に対して保障される額が多いため、 最低限の保険を掛け捨て型でかけるべきであって、貯金として保険を利用するのはお勧めしない。」 と言われることが多くなります。

ですので、おそらくそれが事実なのでしょう。 しかし、保険以外の貯金方法(もちろん単に口座に貯金するだけはなく、証券や株など)は 苦手な人間にはとても難しい。 「運用」という言葉を聞いただけで、 あー、難しそうだなぁ…と考えることも苦痛になるくらいなのです。

それに比べて保険はとても家庭にいる主婦にとっても身近な存在で理解しやすいんです。 それでいて単純に貯金するよりも利率は高い。 加えて、貯金に比べると下ろすのにやや手間がかかるのもいいですね。 下ろしづらいことがハードルになって、気軽に貯金をくずしてしまおうという発想がなくなります。

こんなあまりよろしくはないであろうという考えのもと 我が家は終身保険を保険としてはもちろんですが、貯金という意味でも加入することにしました。 実際、この手の方は多いのではなかなぁと思います。 どうでしょうか?生命保険 自動車保険コラム