保険で貯金

私は保険に加入することを考えた時にどうしても 「掛け捨てはもったいない!」 という考えが頭を離れません。 詳しい人に聞けば聞くほど 「積み立て型の保険は決して利率がいいものではないし、支払っている額に対して保障される額も多くない。

もし貯金したいというのであれば、その他にもっと利率が期待できる方法があるし、その方が賢い。 掛け捨てタイプの貯金は支払う金額に対して保障される額が多いため、 最低限の保険を掛け捨て型でかけるべきであって、貯金として保険を利用するのはお勧めしない。」 と言われることが多くなります。

ですので、おそらくそれが事実なのでしょう。 しかし、保険以外の貯金方法(もちろん単に口座に貯金するだけはなく、証券や株など)は 苦手な人間にはとても難しい。 「運用」という言葉を聞いただけで、 あー、難しそうだなぁ…と考えることも苦痛になるくらいなのです。

それに比べて保険はとても家庭にいる主婦にとっても身近な存在で理解しやすいんです。 それでいて単純に貯金するよりも利率は高い。 加えて、貯金に比べると下ろすのにやや手間がかかるのもいいですね。 下ろしづらいことがハードルになって、気軽に貯金をくずしてしまおうという発想がなくなります。

こんなあまりよろしくはないであろうという考えのもと 我が家は終身保険を保険としてはもちろんですが、貯金という意味でも加入することにしました。 実際、この手の方は多いのではなかなぁと思います。 どうでしょうか?生命保険 自動車保険コラム

コメントは受け付けていません。