債務超過ならファクタリングを試してみて

たまに耳にする債務超過という言葉をご存知でしょうか。
借金が超過してしまうこと…?返せなくなってしまうことでしょうか。

債務超過とは、簡単に言うと借金をしている人の負債額がその人が持っている資産の総額を越えてしまうことをいうようです。
つまりその人はマイナスの状態になってしまっているということですね。
そうするとどのようなことが起こるか。

まず、これ以上の借金をすることが不可能になります。
確かに、返せる見込みのない人にお金を貸してくれる人はいませんよね。

またそれが個人ではなく、企業だった場合信用問題になりますし、上場している企業の場合1年以内に債務超過の状態を抜け出せないと、上場を撤廃されてしまうそうです。

債務超過=即倒産というわけではないようですが危機的状況であることには変わりなさそうです。

借金や債務は個人であろうと企業であろうともう当たり前のように経営(運営)していくために必要なものとされていますがバランスをキチンととっていかないと、大変なことになるんですね。
債務超過になってしまうと銀行もなかなか融資してくれませんし、資金調達も大変になってきます。

ところが最近ではファクタリングという売掛金を売却して資金調達する方法があるそうです。

融資と比べると信用審査も通りやすく、売った後はファクタリング会社が売掛金を回収できなくなっても責任は無いそうです。

融資とは違うので審査に通り易く、取引先に知られる事なく素早く資金調達できます。
担保不要で赤字決算・債務超過でも審査OK。担保不動産、保証人は必要ありません。
引用元:ファクタリング会社 比較ランキング

ファクタリングを利用すれば、経営状態を良くする事ができるかもしれませんね。

お風呂のリフォーム

我が家は築20年。あっちこっちにリフォームする必要が出てきた。特にお風呂。床がなぜかベロベロと剥げてきている。
100キンで買ったプラスチック椅子を使用していたせいかもしれない。

お風呂のリフォーム費用っていったいいくらするんだろう?と思い、検索してみるとユニットバスの浴室の天井、壁、バスタブをいちど全て外して床だけ交換するから
床だけ交換しても水漏れの保障もなくその上、システムバスをまるごと交換するよりも高くつくかもしれないとのことだった。

システムバスまるごと交換って・・恐ろしくお金がかかるのではないだろうか。
調べてみると相場で50~100万円かかるらしい。
50~100万円って・・なんでそんなにかかるの?

一括見積りをすれば1社にだけ見積りをとるよりも各社競争の原理で安くなるかもしれない。

けれど、私はお風呂のリフォームにあまりお金をかけたくないのでさらに補修の方法を探してみると東リやアサヒゴムからプロ用の浴室床用シートが出ていてそれを貼るという方法があるそうだ。

その方法でお風呂の床をリフォームすると費用は6~10万円で済むそうだ。
って自分でやるんですか!無理でしょ!
その方法でリフォーム工事を引き受けてくれる会社を探そうと思った。
東リやアサヒゴムに電話すればリフォーム会社を紹介してくれるかもしれない。