保険営業は手土産がポイント?!

保険の営業。 結構大変って聞きませんか?契約を取るのが第一の条件?なんだかんだ言っても、結局はノルマになっていそうですね。

厳しい実力社会? まぁ、それはそれで満足している人もいてますが、 苦手な人によっては躊躇してしまうでしょう。

どうしたら旨く保険の営業が出切る??結構、保険のセールスって、 はなっから否定する人も多くなっています。むやみやたらに話をしない人が。

保険の事は普通の人はそこまで詳しくありません。 とは言え、それにまして深く知ろう・・・って人もいない気が。

なので、よっぽど保険に困っている人や、 保険について知りたがっている人以外は極力関わろうとはしないのでしょうね。

保険のセールス。 どうやってうまく関わっていく?? 顧客を掴んだのならばしっかりキープが大事。訪問する際には勿論手土産を忘れずに。 結構ポイントになるのかもしれませんね。自分の力を信じて、 ある意味いい勉強として励むのも挑戦でしょうね!保険相談で保險の見直しをしてはいかがでしょうか。
http://www.oregon-accommodations.com/

銀行の保険

銀行に預けて付く利息。 いうても知れていますよね。不景気なのはここまで響いています。以前はそこそこ付いた利息ですが、 今は1円単位でしか付かなくなっている事も。

チョットショックですよね。利息欲しさに定期貯金をしても大きな希望は持てそうにもありません。そうなると、銀行の保険の加入が結構注目されている?? 毎月の引き落としは普通にありますが、 それが積み立てされているという仕組み。

一定の期間は出すことは不可能ですが、 一定の時期を過ぎれば普通に貯金しているよりも、 大きく利息は入ってくるようです。なので、むやみに貯金するよりはいい選択なのかもしれませんよ。

ただ、デメリットもあって、 早急にお金が必要になった場合、下手したらお金を使う時に、 マイナスになる事も考えられます。

そこの所はしっかり把握しておきましょう。 無駄に貯金をするか、何年かは辛抱するという意味で保険に加入するか。自分の生活を見て、考えていきましょうね。
保険相談ってどうかな。保険のこと、保険のプロに保険相談してみるのも良いかもしれません。

保険見直しのタイミング

保険見直しはどのタイミングで見直せばよいのでしょうか?
保険は入りっぱなしはやっぱりよくないですよね・・・。

私は就職して務めた会社で団体保険があって、掛け金も月々そんなに高くなく、病気や入院の保障があって、一応オプションでガン保険をつけて・・・。
掛け捨てじゃなくて、微々たるもんだけど少し積立になるような生命保険に加入しました。
その頃は22歳で、怪我はまだしも病気はそんなにしないかなー?と。

ガン保険は一応って形にはしましたが、でも、死亡リスクもまだまだ先だと思っていたので、一番低いのにしました。
それから10年を超えました・・・。

結婚もして、子供も出来、さすがにガンのリスクも年齢とともに高まってきたし、万が一今自分が入院した時の補償も子供や旦那さんのことを考えればもう少し保険をランクアップした方がいいかもしれない。

保険 見直しの直タイミングって、難しいですね。
気づいたら、加入した時と状況が全然変わっていたんですけどね。
気づいたときが保険の見直しの時期かも知れません。

また最近では保険相談で商品券が貰える場合もあるそうですよ。
そんなお得なキャンペーンのタイミングで保険相談するのも良いですね。
保険相談で商品券が貰えるキャンペーン

保険で貯金

私は保険に加入することを考えた時にどうしても 「掛け捨てはもったいない!」 という考えが頭を離れません。 詳しい人に聞けば聞くほど 「積み立て型の保険は決して利率がいいものではないし、支払っている額に対して保障される額も多くない。

もし貯金したいというのであれば、その他にもっと利率が期待できる方法があるし、その方が賢い。 掛け捨てタイプの貯金は支払う金額に対して保障される額が多いため、 最低限の保険を掛け捨て型でかけるべきであって、貯金として保険を利用するのはお勧めしない。」 と言われることが多くなります。

ですので、おそらくそれが事実なのでしょう。 しかし、保険以外の貯金方法(もちろん単に口座に貯金するだけはなく、証券や株など)は 苦手な人間にはとても難しい。 「運用」という言葉を聞いただけで、 あー、難しそうだなぁ…と考えることも苦痛になるくらいなのです。

それに比べて保険はとても家庭にいる主婦にとっても身近な存在で理解しやすいんです。 それでいて単純に貯金するよりも利率は高い。 加えて、貯金に比べると下ろすのにやや手間がかかるのもいいですね。 下ろしづらいことがハードルになって、気軽に貯金をくずしてしまおうという発想がなくなります。

こんなあまりよろしくはないであろうという考えのもと 我が家は終身保険を保険としてはもちろんですが、貯金という意味でも加入することにしました。 実際、この手の方は多いのではなかなぁと思います。 どうでしょうか?生命保険 自動車保険コラム

保険の担当は変わりやすい

皆さんは、保険に加入をして、信用できる担当者を見つけたら、ずっとその人に担当して欲しいと思いますか?
やはり、そう思う人が多いし、そう思うのが当たり前だと思います。
けれど本当に信用できる担当者と長く付き合っていくのは少し難しいことなのかもしれません。

それでは、なぜ長く付き合っていくことが難しいのでしょうか?
それは、保険レディーは長く仕事をする人がとても少ないからなんです。
例えば、保険会社で1000人の保険レディーを雇ったとしましょう。
その中で3年後にまだ保険会社で働いている人数は何人くらいだと思いますか?
こたえはなんと、10人から20人の間とも言われているのです。
つまり、元々保険会社で長く働く保険レディーの数が少ないから、良い担当者さんと出会って
も長くお付き合いはできないと言う事なのです。

そういうことなので、もし良い担当さんと長くお付き合いが出来た方は、とてもラッキーだと
思ってください。
(私は1年くらいで変わられてしまう事が殆どですが・・・)
保険相談コラム

保険相談無料窓口
保険相談無料窓口ってたくさんあります。

保険のクーリングオフ

あなたは、保険に加入した後、「やっぱりこの保険は加入しなくても良かったんじゃないかな・・・」と思ったことはありませんか?
そんな時、保険にクーリングオフ制度があるのか、気になるところだと思います。
加入して何日以内ならクーリングオフできるのだろうか、そもそもクーリングオフしてくれるのだろうかと考えませんか?
ここでは、保険のクーリングオフ制度についてお話したいと思います。

まず保険のクーリングオフはできる場合と出来ない場合に分かれてしまいます。
まずは出来る場合なのですが、「1年以上の契約」ならクーリングオフできるのです。
クーリングオフできる期間は8日以内なので、もし保険をクーリングオフしたいという事ならば早めに申し出ておかなければいけないという事になります。
そして、ここが大切なのですが、クーリングオフは代理店では出来ないところが多いのです。
まずはお客様相談室係に聞いてみたほうが良いでしょう。

クーリングオフできない場合は、保険が1年以下の場合です。
また、個人で契約していない時もクーリングオフは成立しませんので注意しておいた方がいいですね。

保険相談はどれがいいか
保険相談の窓口ってたくさんあって迷ってしまいますね。

保険料の払い込み経路

保険料ってどこに払い込むのかな・・・と保険の払い方を疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?
ここでは払い込み経路についてお話しましょう。

一つ目は「口座振替」というものです。
誰しもが振込みをしたことがあると思います。
それと同じように、保険会社と提携している所に振り込むのが口座振替のやりかたです。

二つ目は「団体扱い」というものです。
これは、毎月、働いている職場からのお給料から勝手に引かれていくシステムです。
この方法だと忘れた!ということが絶対にないのでとても便利で良い方法だとおもいます。

三つ目は「送金扱い」です。
これは、保険会社から振込み用紙が送られてくるのでそれを使って振込みをするというものです。書き忘れなどがない限り保険料の払い込みが出来るのでこれも、オススメな送金の仕方です。

四つ目は「店頭扱い」というものです。
これは、最寄の営業所、支社、本社に持参して支払います。
他の保険経路が間に合わない場合のツナギとして使われる場合が多いです。

五つ目は「集金扱い」というものです。
これは、保険会社の人が集金に来てくれます。
ただ、どこでも来てくれるわけではもちろんなくて、指定された地域内にすんでいるかどうかがポイントになります。
また、集金の手間がかかる為、他の払い込み方法より若干保険料が高くなります。
保険の泉

自動車免許をとるなら合宿免許がおすすめですよ。
自動車免許は合宿免許がいいんじゃない?

保険が複雑に見える理由

保険は複雑で難しいものだ、と思っている人は多いのではないでしょうか?
実際、私も保険はごちゃごちゃしていて分かりにくいなあ・・・
保険は複雑でめんどくさいなあ・・・と思っていたうちの一人です。

でも、実はそれは誤解があります。ひとつづつ見ていくと、案外簡単な物だと気づきます。
保険とは、「主契約」と「特約」で成り立っています。
ここまでは、全く難しくありませんよね?

そもそもそ主契約とは、契約のベースとなる所で代表的なのが
・定期保険
・終身保険
・医療保険
など、このようなよく耳にするようなものです。
そして特約とは、主契約につけるオプションのようなものです。

代表的なものだと、
・定期保険特約
・疾病入院特約
など、このようなものです。

こっちは、聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか?
特約はこれだけでは契約する事ができません。
あくまでオプションなので、主契約+特約にしなければいけません。
これをつけることにより、保険の保障をもっと良くする事ができるのです。

保険が複雑で難しく見えるのは、この特約をたくさん付けるためであるというのが多いと思います。また、特約をつけるともちろん保証は充実します。
しかし、毎月払う保険料も高くなっていくのを忘れないようにしましょう。
保険情報をチェックしてみるのも良いかもしれません。

借金相談 過払い相談の話題
借金相談や過払い相談について語る。

加入中の保険の保障内容を変更したい

なんらかの事情で、今までの生命保険の保障内容では満足しなくなったらどうしたらいいでしょうか?それは、「保険の保障内容を変更すればいい」のです。
けれど、変更の仕方が分からなかったり面倒くさかったりしてそのままにしている人も多いのでは?と思います。

けれどそれでは、自分が損をしているかもしれません。
保険の保障内容を見直し、変更することによって保険料が安くなったら自分にとっても得するし、納得できる内容に変わるかもしれません。

さて、保険の保障内容を変更するに当たって始めにしなければいけない事は「今の保障内容の確認」です。
それをしなければ、何もはじまりません。まずは、自分の現状を把握してください。

把握しる方法はいくつかありますが、一番簡単に、しかも効率良く知れるのが保険証券です。
保険証券は契約が簡潔にわかりやすく記載されています。確認をしたら、保険屋さんへ行き保障内容を変更しましょう。

自分が本当に欲しい保障を考えて、自分にあった物を選んでいきましょう。
保険相談や自動車免許など

借金問題、お困りではありませんか?終わらないキャッシングでお困りなら過払いを疑ってみましょう。
借金相談 過払い相談今すぐ