保険の担当は変わりやすい

皆さんは、保険に加入をして、信用できる担当者を見つけたら、ずっとその人に担当して欲しいと思いますか?
やはり、そう思う人が多いし、そう思うのが当たり前だと思います。
けれど本当に信用できる担当者と長く付き合っていくのは少し難しいことなのかもしれません。

それでは、なぜ長く付き合っていくことが難しいのでしょうか?
それは、保険レディーは長く仕事をする人がとても少ないからなんです。
例えば、保険会社で1000人の保険レディーを雇ったとしましょう。
その中で3年後にまだ保険会社で働いている人数は何人くらいだと思いますか?
こたえはなんと、10人から20人の間とも言われているのです。
つまり、元々保険会社で長く働く保険レディーの数が少ないから、良い担当者さんと出会って
も長くお付き合いはできないと言う事なのです。

そういうことなので、もし良い担当さんと長くお付き合いが出来た方は、とてもラッキーだと
思ってください。
(私は1年くらいで変わられてしまう事が殆どですが・・・)
保険相談コラム

保険相談無料窓口
保険相談無料窓口ってたくさんあります。

保険のクーリングオフ

あなたは、保険に加入した後、「やっぱりこの保険は加入しなくても良かったんじゃないかな・・・」と思ったことはありませんか?
そんな時、保険にクーリングオフ制度があるのか、気になるところだと思います。
加入して何日以内ならクーリングオフできるのだろうか、そもそもクーリングオフしてくれるのだろうかと考えませんか?
ここでは、保険のクーリングオフ制度についてお話したいと思います。

まず保険のクーリングオフはできる場合と出来ない場合に分かれてしまいます。
まずは出来る場合なのですが、「1年以上の契約」ならクーリングオフできるのです。
クーリングオフできる期間は8日以内なので、もし保険をクーリングオフしたいという事ならば早めに申し出ておかなければいけないという事になります。
そして、ここが大切なのですが、クーリングオフは代理店では出来ないところが多いのです。
まずはお客様相談室係に聞いてみたほうが良いでしょう。

クーリングオフできない場合は、保険が1年以下の場合です。
また、個人で契約していない時もクーリングオフは成立しませんので注意しておいた方がいいですね。

保険相談はどれがいいか
保険相談の窓口ってたくさんあって迷ってしまいますね。

夫婦ペア総合傷害保険

あなたは夫婦ペア総合傷害保険というのを聞いたことがあるでしょうか?
知らない人も多い名前の保険だと思います。
結婚していてパートナーがいる人はぜひ目を通してみてください。

夫婦ペア総合傷害保険とは夫婦が対象になっている総合傷害保険です。
なので、一人では加入できない保険になっています。

そしてこの夫婦ペア総合傷害保険は、他の国での傷害に大きく役立ちます。
また万が一、一人で死亡してしまった場合も保険金はでます。
その金額は一人でなくなっても二人で亡くなっても同じ金額になるようです。
(重度の傷害が残った場合でも同じ。)
つまり、夫婦ペア総合傷害保険は二人で1つの死亡(重度障害)、という保険なのです。

夫婦ペア総合傷害保険は、あまり加入する夫婦がいません。
理由は、普通総合傷害保険のほうが保険料が手軽な場合が多いからです。

加入する人の年齢層は最近は比較的若い夫婦が多いようです。
なんにせよ、保険に加入して備えておく事は安心につながるのでお金に余裕があるようであれば加入しておくのも良いかもしれませんね。
保険相談について考える

保険相談がいいよね
保険相談はどれがいいのか。保険相談を比較しています。

子供総合傷害保険

あなたは子供総合傷害保険というのを聞いたことがありますか?
お子さんがいる人、まだいないけれどこれから子供が欲しいと言う人にはぜひ知っていて欲しい保険だと思います。

子供総合保険とは、その名前の通り子供しか加入できない総合傷害保険です。
子供しか入れないと言うだけで保障の内容はそれほどかわりません。
変わる所と言えば、学校内での怪我に対応してくれるところです。

また、万が一扶養者が事故にあってしまったり、もし、死亡してしまったりした時にきちんと学校に今までどおり通えるようにお金をだしたり日常で不便なことがないようにする手助けとなるくらいのお金をだしたりする事ができます。
ここが子供総合傷害事件の一番の違いであり、いいところだと思いますね。

そして、子供総合傷害保険に入れるのは19歳までの未成年者までになっています。
19歳以上の人は成人となっているので子供総合傷害保険には加入できません。
そのかわり、普通総合傷害保険に加入できるのでそちらの保険に加入しましょう。
保険相談 借金相談

保険相談かもしれない
保険相談いいかも!こんなに保険料が節約できました。

傷害保険、保険金をもらえない場合

傷害保険がいくら殆ど全てに対応してくれるといっても、やはりこれは無理!という場合があります。どういう時が傷害保険で保険金をもらえないのでしょうか。
ここでは、保険金をもらえない場合についてお話したいと思います。

保険金をもれない場合は、犯罪や、危ない事をしたときの怪我のときです。
その他ならば、だいたいの怪我は保険金がもらえます。

傷害保険で保障されない場合は、喧嘩や自殺の時の怪我などです。
また、犯罪行為での怪我も、もちろん保証してもらえません。

次に、無免許運転での怪我や飲酒運転の場合もです。
無免許運転で怪我をして、保険金をだしてくれ、というのが
少し多いようです。(少し考えれば保障してくれないのはわかりますよね。)

自然災害による怪我なども保障はされません。
自然災害とは、地震や津波、噴火などのことをさします。

そして、ハンググライダーやボクシングなど怪我をする確立が高い運動での怪我も
保障はしてくれないので気をつけましょう。
保険相談で保険料を節約してみてはいかがでしょうか。

生命保険相談
生命保険相談、最近よく宣伝していますね。

家族傷害保険

皆さんは、家族傷害保険というのをご存知ですか?
家はもう家族傷害保険に入っています!という人も多いのではないでしょうか。
ですが、家族のどこまでが保障されるのか。
また、普通の傷害保険とは変わらないのか。と考える人も居ると思います。
ここでは家族傷害保険についてお話します。

まず、普通の傷害保険と違うところを説明します。
普通の傷害保険は、普通傷害保険といって、一人しか保障してくれません。
ですが、家族傷害保険は、一人だけの保障ではなく、家族全員の保障をしてくれるのです。

この保険のすごいところは、飼い犬が噛み付いて怪我をした!という小さなトラブルまで保障してくれるところなのです。
さらには、お店の商品を壊してしまったら弁償しなければいけませんよね。
その時もこの家族傷害保険で対応してくれるのです。

次に、「家族」といったら、どこまでの家族が保障されるのでしょうか。
自分の両親は?別居中の子供は?そう、考えると思います。

まず、同居の親族なら、家族傷害保険にで一緒に保障してくれます。
そして、子供が別居していても結婚をしていなければ大丈夫なのです。

他にも細かく決まっている場合があるので、保険会社に電話をしてみましょう。
保険相談のトリビアをみてみてはいかがでしょうか。保険相談のこといろいろわかって面白いですよ。

保険見直し相談もいいんじゃない?
保険見直し相談なら保険を節約できます。

生命保険の保険金受け取りの際の税金

もし、周りの誰かが亡くなってしまって生命保険に加入していたら保険金を受け取る時税金がかかる事をご存知でしょうか?私の周りには、「知らなかった!」といった人が半数ほどいました。

さて、税金はもちろん保険金の多さによって変わってきますがその他にも亡くなった人と受け取る人との関係でも変わってきます。
あなたと亡くなった人の関係が、親と子だった場合は、「相続税」という扱いになるのでそこまで多く税金で持って行かれる事はありません。

では、どういう関係なら税金が多くかかってしまうのでしょうか?
それは、亡くなった人とあなたの関係が他人だった場合です。
この場合「贈与税」という扱いになり、保険金を受け取る時にかかる税金が一番多くかかってしまうのです。(一般的には・・・なので絶対にそうという事ではありません)
また、その他にも「所得税」として扱われたり「住民税」として扱われたりします。
この場合も、そこまで多く税金がかかるわけではありません。

そして、契約が続いている状況であれば、契約者と受取人は、いつでも変えることができるのです。なので、やっぱりこの人に保険金をあげたいな・・・と思ったら
保険屋さんへ行って保険金の受取人を変えてもらいましょう。
また、この機会に保険見直し相談で節約を考えてみてはどうでしょうか。
保険の見直し相談でかなりの保険料節約が期待できるとか。保険も見直ししないともったいないですね。

生命保険加入するなら保険相談
生命保険に加入をお考えならまずは保険相談から

保険料の払い込み経路

保険料ってどこに払い込むのかな・・・と保険の払い方を疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?
ここでは払い込み経路についてお話しましょう。

一つ目は「口座振替」というものです。
誰しもが振込みをしたことがあると思います。
それと同じように、保険会社と提携している所に振り込むのが口座振替のやりかたです。

二つ目は「団体扱い」というものです。
これは、毎月、働いている職場からのお給料から勝手に引かれていくシステムです。
この方法だと忘れた!ということが絶対にないのでとても便利で良い方法だとおもいます。

三つ目は「送金扱い」です。
これは、保険会社から振込み用紙が送られてくるのでそれを使って振込みをするというものです。書き忘れなどがない限り保険料の払い込みが出来るのでこれも、オススメな送金の仕方です。

四つ目は「店頭扱い」というものです。
これは、最寄の営業所、支社、本社に持参して支払います。
他の保険経路が間に合わない場合のツナギとして使われる場合が多いです。

五つ目は「集金扱い」というものです。
これは、保険会社の人が集金に来てくれます。
ただ、どこでも来てくれるわけではもちろんなくて、指定された地域内にすんでいるかどうかがポイントになります。
また、集金の手間がかかる為、他の払い込み方法より若干保険料が高くなります。
保険の泉

自動車免許をとるなら合宿免許がおすすめですよ。
自動車免許は合宿免許がいいんじゃない?

生死混合保険とは

生死混合保険というのを聞いたことがあるでしょうか?
死亡保険と生存保険は知っている人が多いと思います。
その2つの性質をもっている保険が生死混合保険です。

生死混合保険は、養老保険というものがあります。
契約している期間中に、亡くなった場合は、もちろんお金が入ります。
また、大きな障害になってしまったりしても、契約が満了した時点で生きていれば、その時もお金が入る仕組みになっています。

ですが、この生死混合保険は、一生涯の保険ではありません。
契約期間があるので、「一生保障して欲しい」という人には不向きです。

ですが、先ほどにも書いたように死亡しても、生きていてもお金が入るので
貯蓄性のある保険といえます。
なので、貯蓄性を求めている人には向いている保険です。

このように、必ずどんな保険にも良いところと悪いところがあります。
自分がどんな保障を求めているのか。
また、自分がどれくらいお金をかけれるのかをきちんと把握してから
契約をするようにしましょう。
保険相談の知識

相談は無料
保険相談、過払い相談、借金相談、人生相談、無料の相談サービスについて

保険が複雑に見える理由

保険は複雑で難しいものだ、と思っている人は多いのではないでしょうか?
実際、私も保険はごちゃごちゃしていて分かりにくいなあ・・・
保険は複雑でめんどくさいなあ・・・と思っていたうちの一人です。

でも、実はそれは誤解があります。ひとつづつ見ていくと、案外簡単な物だと気づきます。
保険とは、「主契約」と「特約」で成り立っています。
ここまでは、全く難しくありませんよね?

そもそもそ主契約とは、契約のベースとなる所で代表的なのが
・定期保険
・終身保険
・医療保険
など、このようなよく耳にするようなものです。
そして特約とは、主契約につけるオプションのようなものです。

代表的なものだと、
・定期保険特約
・疾病入院特約
など、このようなものです。

こっちは、聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか?
特約はこれだけでは契約する事ができません。
あくまでオプションなので、主契約+特約にしなければいけません。
これをつけることにより、保険の保障をもっと良くする事ができるのです。

保険が複雑で難しく見えるのは、この特約をたくさん付けるためであるというのが多いと思います。また、特約をつけるともちろん保証は充実します。
しかし、毎月払う保険料も高くなっていくのを忘れないようにしましょう。
保険情報をチェックしてみるのも良いかもしれません。

借金相談 過払い相談の話題
借金相談や過払い相談について語る。